甲子園大会出場について

甲子園大会出場に伴うご支援について(お願い)

謹啓 春寒の候、皆さまにおかれましてはご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。

平素は岐阜県立多治見高等学校に対しまして格別のご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたび岐阜県立多治見高等学校野球部が第89階全国選抜高等学校野球大会」に「21世紀枠」校として出場することとなりました。関係者一同、感激と喜びに浸っております。

このことは、創立100周年を数年後に迎える多治見高校にとって、1946年創立の野球部にとっても悲願の快挙でありあす。また、厳しい練習環境の中で甲子園を目標に取り組んできた野球部員、多治見高校の全生徒、全同窓生にとって大きな励みとなる栄誉でもあります。

これは偏にこれまで支援してくださった皆さま、関係者の皆さまのご支援・ご声援の賜物と深く感謝しております。

振り顧りみますと、多治見高校は1923年多治見高等女学校として創立され、その9月に関東大震災が起こりました。この大惨事に際して、学校としてすぐに支援活動に取り組み義損物資を送っています。翌春には後藤新平復興総裁から学校に「啓発知能成就徳器」の額が届きました。

当時女学校では、英語や物理などの授業だけではなく、サッカーやバスケットなどのスポーツ活動にも積極的に取り組んでおられました。その後学校は幾多の変遷を経て、現在の多治見高校となりましたが、創立当初の崇高な思い行動を受けて、現在「進取・努力・創造」の校訓を旗印に、「一人一人の文武両立」をスローガンに取り組んでいます。「知能を啓発し、徳器を成就す」の言葉は多治見高校の生徒を励ますとともに、「100年にわたる夢」を私たちに与え続けています。

今回、甲子園に出場するにあたり、選手たちが岐阜県の1位校としての誇りを胸に、多高球児の意気を示し伸び伸びと活躍することを祈念し、また支援する我々全員が心ひとつに応援することで、感動を共有すべく、地域の皆さまを初めとして多くの皆さまの応援・ご支援を強くお願いする次第であります。

謹白

平成29年2月吉日

岐阜県立多治見高等学校 第89回選抜甲子園出場後援会

名誉顧問 古川 雅典 (多治見市長)

名誉会長 土本 泰 (学校長)

会長 伊藤 良一 (同窓会長)

副会長 今枝 寛彦 (同窓会幹事長)

副会長 丸山 強 (野球部後援会長)

副会長 中村 恵介 (野球部OB会長)

副会長 宮崎雄一郎 (育友会長)

副会長 佐藤 和彦 (野球部保護者会長)

20161001nagarakyujo

広告